\【スタバ代を節約】お得なクレカ5選/Click

【知っておくべき】スタバで1番お得なサイズがベンティな理由

スタバで1番お得なサイズ
  • URLをコピーしました!

スタバに行くとサイズが4種類あって、どれが1番お得なのか分からないですよね。

実は、スタバは「ベンティ(1番大きいサイズ)」が最もお得なサイズ。

悩んでいる猫

スタバで1番お得なサイズが知りたい。

サイズ選びで損したくない。ドリンクを安くする方法はないかな。

こういった悩みを解決します。

本記事の内容
  • スタバで1番お得なサイズがベンティの理由
  • 損をしないために、各サイズの量をご紹介
  • ドリンクを安くする方法3選

暇さえあればスタバに通い、わずか3ヶ月でゴールド会員になった私が解説していきます。

目次

スタバで1番お得なサイズがベンティな理由

スタバ

スタバで1番お得なサイズがベンティな理由は、100mlあたりの値段が1番安いからです。

具体例として、コールドブリューコーヒーフラペチーノの値段を比較してみます。

サイズ値段100mlあたりの値段
ショート495円約165円
(495÷300ml×100)
トール539円約154円
(539÷350ml×100)
グランデ583円約124円
(583÷470ml×100)
ベンティ627円約106円
(627÷590ml×100)
価格は税込

サイズが大きくなるにつれて、100mlあたりの値段が安くなっていきます。

「ドリンクの種類によって、お得なサイズが変わるのでは?」と思うかもしれません。

しかし、スタバは種類に関係なく「ベンティ」が1番お得なサイズになります。

ドリップ コーヒーは例外

ベンティが1番お得とお伝えしましたが、ドリップ コーヒーは例外です。

例外の理由

ドリップ コーヒーは「ワンモアコーヒー」の対象だからです。
2杯目が110円(税込)で飲める

2杯目が110円なので、ベンティよりショート(1杯目)+ショート(2杯目)で注文する方が安くなります。

\ 22円安くなる /

ベンティ
590ml
451円
ショート+ショート
600ml
319円+110円
⇒429円
差額22円
価格は税込

このように、ワンモアコーヒーを利用すると同じ量で22円お得に購入できます。

注意点として、ホットにするとショートは「240ml」です。

その場合は、ベンティの方がお得になります。

ワンモアコーヒーについては、【スタバ裏技】ワンモアコーヒーを解説の記事で詳しく解説しています。もっと知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

【適切なサイズを選ぼう】損をしないために、各サイズの量(目安)をご紹介

スタバ

「大きいサイズを注文したけど、飲み残してしまった」という経験はありませんか?

ベンティが1番お得なサイズですが、飲める量のサイズを注文しないと損をする可能性があります。

具体例として、カフェモカのベンティを注文したとします。

カフェモカのベンティ(572円)を注文するも、飲み残してしまう。
⇒トール(484円)の量で十分だった。

結果として、88円を損していることに

このようにサイズ選択で損をしないように、各サイズの量(目安)を知っておきましょう。

サイズ目安
ショートセブンカフェのLサイズ
240〜300ml
トール缶ジュース
350ml
グランデペットボトル飲料
470ml
ベンティセブンカフェLサイズ2個分
590ml

上記を参考に、注文する時は飲める量のサイズを選んでくださいね。

ドリンクを安くする方法3選

スタバ

ドリンクを少しでも安くする方法3選をご紹介します。

  1. タンブラーを持っていくだけで22円割引
  2. 無料で出来るカスタマイズを活用
  3. ポイント制度に参加する

もっと知りたい方は、【すぐに出来る】スタバをお得に飲む方法15選を参考にしてください。

タンブラーを持っていくだけで22円割引

スタバにタンブラーを持っていくと、代金から22円割引してくれます。

タンブラーは、スタバ以外の他社製でも可能。

「資源の節約に貢献」のお礼として、割引をしています。

すぐに実践できる割引なので、ぜひ利用してくださいね。

参考>>【スタバお得】タンブラー持ち込み割引について

無料で出来るカスタマイズを活用

「ちょっと甘くしたいな」「ミルクを足したいな」という時に、無料のカスタマイズを利用するのがオススメです。

無料で出来るカスタマイズ
  • 甘くしたい時
    ⇒コンディメントバーのシロップ・シュガー
    ⇒キャラメルソース追加
  • ミルクを足したい時
    ⇒コンディメントバーのミルク
  • ドリンクにアクセントを加えたい時
    ⇒ココア・シナモンパウダーを追加
    ⇒コンディメントバーのシュガー

このように、スタバは無料で出来るカスタマイズが豊富です。

有料カスタマイズを選ばずとも、無料で「ちょっと味変をする」ことが可能です。ぜひ利用してみてください。

スタバのカスタマイズは、【全カスタマイズ一覧】有料&無料・種類や値段について徹底解説で紹介しています。カスタマイズを網羅できる内容になっています。

ポイント制度に参加する

月に1〜2回以上スタバに行くのであれば、ポイント制度(スターバックス リワード)に参加にしましょう。

スターバックス リワードのざっくりとした説明がこちら。

スターバックス リワードについて
  • 年会費が無料
  • 54円(税込)ごとに1ポイント貯まる
  • ポイントとドリンクチケットを交換できる
  • 登録には、スタバカードが必須

「ポイントとドリンクチケットの交換」が、1番のメリット。

月に1〜2回以上スタバに行くなら、コツコツとポイントを貯めてチケットをGETしましょう。

登録方法や詳細は、度リワードについて解説の記事を参考にしてください。

工夫をすれば、スタバ代は節約できる

スタバ

スタバは工夫をすれば、お得に利用できます。

ぜひ今回ご紹介した方法を実践してみてくださいね。

生活費を節約して、浮いたお金でスタバに行くのもオススメです。

auスマートパスプレミアムなら、月額548円(税込)で動画・書籍・音楽が楽しめます。初回30日間は無料なので興味がある方は試してみてください。

参考>>

  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる