\【スタバ代を節約】お得なクレカ6選/Click

【今さら聞けない】スタバのサイズの読み方・量について【絶対知っておくべき】

  • URLをコピーしました!

スタバで注文する時、サイズの読み方を間違えて恥ずかしい思いをしたくないですよね。

スタバのサイズは全部で4種類あります。読み方がこちら。

  • Short:ショート
  • Tall:トール
  • Grande:グランデ
  • Venti:ベンティ

本記事では、サイズの読み方のほかに、

悩んでいる猫

スタバの各サイズの量が知りたい。

どのサイズを選べばいい?グランデ・ベンティは何語?

こういった悩みを解決していきます。

本記事の内容
  • 各サイズの読み方・量について
  • サイズ選びの基本
  • グランデ・ベンティがイタリア語の理由

暇さえあればスタバに通い、わずか3ヶ月でゴールド会員になった私が解説していきます。

目次

【全部で4種類】スタバのドリンクサイズの読み方・量について

冒頭でも紹介しましたが、日本のスタバは4種類のドリンクサイズが用意されています。

スタバのドリンクサイズ
  1. Short:ショート
    ⇒240ml/300ml
  2. Tall:トール
    ⇒350ml
  3. Grande:グランデ
    ⇒470ml
  4. Venti:ベンティ
    ⇒590ml

240mlや590mlと言われても、大きさ・サイズ感が分からないですよね。

なので、次章で「これくらいの大きさなのか」とイメージが出来るように解説していきます。

Short(ショートサイズ):240・300ml

スタバのサイズの中で1番小さい(量が少ない)のが、ショートサイズです。

ショートサイズは、ホットとドリンクで量が異なります。

\ アイスの方がお得 /

ホット240ml
アイス300ml

ショートサイズは、「セブンカフェのLサイズ」とほぼ同じ容量です。

昼食などの食後に、サッと飲むのに丁度良い量ですね。

メニュー表には載っていませんが、フラペチーノもショートサイズで注文することが可能です(レギュラーメニューのみ)

参考>>【必見】フラペチーノにショートサイズがある!注文の方法は?

Tall(トールサイズ):350ml

スタバで1番ポピュラーなのが、トールサイズです。

新作フラペチーノのほとんどが、トールサイズ限定になっています。

トールサイズは、ミニサイズのペットボトル飲料と同じサイズ感です。

多すぎず少なすぎずなので、迷ったらトールサイズを選べば間違いないかと!

Grande(グランデサイズ):470ml

スタバで2番目に大きいのが、グランデサイズです。

量は、だいたいペットボトル飲料と同じくらいです。

ショートサイズ約2個分もあり、ゴクゴク飲みたいときにピッタリなサイズ感。

Venti(ベンティサイズ):590ml

ベンティサイズは、日本のスタバで1番大きいサイズです。

ミニサイズのペットボトルの約2個分のサイズ感。

かなりボリュームがあるので、長時間の作業で飲んだり、2人でシェアするのにオススメです。

時間が経つと、「冷めてしまう」「氷が溶けて味が薄くなる」ということが起きるので、

  • ホットの場合
    ⇒エクストラホットにする(ドリンクの温度を熱め)
  • アイスの場合
    ⇒氷抜き・氷少なめにする

上記のような、カスタマイズを利用するのが効果的です。すべて無料でできます。

【必見】サイズ選びの基本

スタバ サイズ

「スタバでどのサイズを選べばいいか分からない」という時のために、サイズ選びの基本をご紹介します。

  • 1番お得なサイズを選びたい
    ⇒ベンティ
  • 初めて注文するドリンクの場合
    ⇒トール
  • カロリーが気になる
    ⇒ショート

詳しく解説していきます。

1番お得なサイズを選びたい:ベンティ一択

スタバで1番お得なサイズを選びたいなら、ベンティ一択です。理由は、100mlあたりの値段が1番安いからです。

具体例として、コールドブリューコーヒーフラペチーノの値段を比較してみます。

サイズ値段100mlあたりの値段
ショート495円約165円
(495÷300ml×100)
トール539円約154円
(539÷350ml×100)
グランデ583円約124円
(583÷470ml×100)
ベンティ627円約106円
(627÷590ml×100)
価格は税込

サイズが大きくなるにつれて、100mlあたりの値段が安くなっていきます。

「ドリンクの種類によって、お得なサイズが変わるのでは?」と思うかもしれません。

しかし、スタバは種類に関係なく「ベンティ」が1番お得なサイズになります。

参考>>スタバのお得なサイズ安くする方法について

初めて注文するドリンク:トール

初めてのドリンクを注文する場合は、トールを注文しましょう。理由は、飲み切るのに丁度良い量だからです。

「1番お得なベンティの方が良いのでは?」と思いますが、飲み残すとむしろ逆に損をしてしまいます。

いつも注文するドリンクなら、味を知っているのでグランデでも大丈夫です。しかし、初めて飲む場合は、たくさんの量を飲めるかどうか分からないですよね。

ショートだと、「少し飲み足りない」と感じる可能性があります。

なので、初めて注文するドリンクはトールを選びましょう。

カロリーを気にするなら:ショート

カロリーが気になる時は、ショートを選びましょう。

理由は、当然ですがサイズが小さいほど、カロリーも低くなるからです。

「どうしても、大きいサイズを飲みたい」という時は、ミルクの種類を変更するのがオススメ。

スタバで取り扱っているミルクの種類とカロリーを見てみましょう。

通常ミルク148kcal
低脂肪乳120kcal
無脂肪乳92kcal
豆乳139kcal
オーツミルク103kcal
アーモンドミルク112kcal

上記のように、ミルクを変えるだけでカロリーが大幅に変わります。

無脂肪乳と低脂肪乳は無料で変更できるので、ぜひ試してみてくださいね。

各種ミルクの味わいを知りたい方は、【スタバ】ミルクの種類・カロリー・変更方法についてを参考にしてください。

【豆知識】グランデ・ベンティがイタリア語の理由

スタバ サイズの意味

スタバのサイズで、グランデとベンティはイタリア語です。

イタリア語を使用している理由は、「ミラノの喫茶店に感銘を受けたため」といわれています。

感銘を受けた話は、私が実際に購入して読んだ「STAR BUCKUS OFFICIAL BOOK」に書かれていました。

オフィシャルブック

ラテやカプチーノなど、エスプレッソドリンクを開始したのは、1984年のこと。当時マーケティンクの責任者だった前CEOハワード・シェルツが、ミラノで体験したバールに感銘を受けたのがきっかけだった。

引用元:STARBUCKS OFFICIAL BOOK

「バール」とは、喫茶店のことを指します。

この体験により、スターバックスのサイズ表記にイタリア語が採用されてるのではと考えられています。

らむねこ

グランデとベンティの意味がこちら

  • グランデ:偉大な、大きい
  • ベンティ:数字の「20」

ベンティの「20」という数字ですが、イタリアでは液量の単位が「オンス」です。20オンス=590mlになります。

その時の気分でサイズを使い分けよう

スタバ サイズ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

本記事が、スタバのサイズの読み方や選び方の参考になれば嬉しいです。

1番お得なサイズはベンティですが、その時の気分や体調など自分が飲みたいサイズを選んでくださいね。

スタバをお得に安く飲む方法は、たくさんあります。興味がある方は【すぐに出来る】スタバをお得に飲む裏技・方法15選も読んでみてください。

  • URLをコピーしました!
目次