エンタメ

【モンハンライズ】発売3日で400万本達成!販売本数を歴代シリーズと比較

モンスターハンターシリーズの最新作「モンスターハンターライズ(以下、モンハンライズ)」が、なんと発売からわずか3日で出荷本数400万本を達成しました。

ここで気になるのが、今まで発売されたモンスターハンターシリーズの販売本数はどれくらいなんだろうか?400万本はどれほどすごいのか?ということ。

そんな疑問を解決するために本記事では、歴代モンスターハンターシリーズの販売本数を比較していきます。

【モンハンライズ】ソロでも楽しめる?すぐにはじめられるモンハンライフ!2021年3月26日(金)にカプコンから「モンスターハンターライズ(以下、モンハンライズ)」がNintendo Switchで発売されま...

歴代シリーズと販売本数を比較

ではさっそく、歴代モンスターハンター(モンハン)シリーズと販売本数を比較していきます!

モンハンシリーズの販売本数TOP10がこちらです。

【2020年12月30日時点】

順位 タイトル 発売日 販売本数
1 モンスターハンター:ワールド 2018年1月 1,680万本
2 モンスターハンターワールド:アイスボーン 2019年9月 720万本
3 モンスターハンターポータブル 3rd 2010年12月 490万本
4 モンスターハンタークロス 2015年11月 430万本
5 モンスターハンター4G 2014年10月 420万本
6 モンスターハンターダブルクロス 2017年3月 410万本
6 モンスターハンター4 2013年9月 410万本
8 モンスターハンターポータブル 2rd G 2008年3月 380万本
9 モンスターハンター3(トライ)G 2011年12月 260万本
10 モンスターハンターポータブル 2rd 2007年2月 240万本

※参照:株式会社カプコン公式HP「ミリオンセールスタイトル」

どのシリーズも販売本数がすごすぎる・・!
なかでもダントツの1位「モンスターハンター:ワールド」の1,680万本!

「モンスターハンター:ワールドはモンハンシリーズ1位だけではなく、カプコンの歴代ゲームで1位となっています(*’▽’*)

なぜこんなに販売されたかというと、全世界に同時展開&PC版での提供が大きい要因とされています。

そして最新作「モンスターハンターライズ」は2021年3月29日時点で、400万本を記録しています。すでに8位の「モンスターハンターポータブル 2rd G」を超えていることになります。

おそらく、3位「モンスターハンターポータブル 3rd」を超えるのは時間の問題ですね(*^^*)

果たしてモンハンライズは、モンスターハンター:ワールドを超えるのか?!気になるところです!

爆発的ヒットはSwitch本体の販売台数が影響している?

最新作「モンハンライズ」はSwitch版で発売しています。
このSwitch版で発売というのが販売本数を爆発的に伸ばしている要因では?と言われています。

Switch・3DS・PSPそれぞれの販売台数はこちら。

ハード名 販売台数 集計日時
Switch 7,987万台 2020年12月末日
3DS 7,594万台 2020年12月末日
PSP 7,640万台 2012年3月31日

参照:任天堂公式HP「ゲーム専用機販売実績」
参照:Sony公式HP「ハードウェア全世界累計販売台数」

PSPの集計日時が2012年となっていますが、Switchが今1番売れているハードという結果になりました。

Switchを所有している人が多いので、モンハンライズを購入する人も必然的に多くなっているのではないかと思われます。

なお、あつまれどうぶつの森のヒットにより、「オンラインでみんなと同じゲームで遊ぶ」という楽しみ方が普及しました。これらのユーザー層にモンハンライズのマルチプレイがクリティカルヒットしているのでは?と筆者は考えます。

今までモンハンシリーズをプレイしたことが無い人で、今作をきっかけに始めるという新規ユーザーの獲得にも期待できます!

モンハンライズは既存ユーザーはもちろん、新規ユーザーを獲得しやすく今の時代に合ったゲームといえます(*’▽’*)

まとめ:シリーズ過去最高ヒットになる?

歴代モンスターハンターシリーズの販売本数の比較をご紹介しました。

モンハンライズの出荷本数400万本達成というのは本当にすごいことなんですね!

コロナ禍で家にいる時間が多くなったので、オンラインで友達と遊べたり、1人でも楽しめるゲームの存在はありがたいですよね。

モンハンライズの今後の情報に目が離せません!