暮らし

簡単にできる一人暮らし節約術!こうやって食費や電気代を節約しよう

一人暮らしでおすすめの節約術は?すぐに実践できるのがいい!

私は初めて就職した会社が東京で
地元から上京してきました。

給料14万(ボーナスは1ヶ月分)、家賃6万で生活をしていました。
当初は引っ越し代で貯金はほぼゼロになり、
節約しながら必死に生きていました。

その結果、1年半で60万も貯金することができました!

この記事では、私が実際にやっていた節約術をご紹介します。

こんな人におすすめ

・節約術を知りたい
・一人暮らしでも貯金したい

節約するための心構え


節約生活をするには、決意と計画性が必要です。
具体的にどうすればいいのか?
ご紹介していきます!

生きるために必要なものしか買わない

節約生活において無駄遣いは絶対にしてはいけません。
何が無駄遣いになるのかは自分で判断しないといけません。

私の場合は、物を買う時に
これを買わなくても生きていけるかな?」と考えます。

食料や日用品を買う時すべて考えていました。
生きる上で必要ないものは買わない。
生きるために必要なものは買う。

節約は無駄遣いする自分に勝つことから始まります。

目標を決める

節約生活のモチベーションを保つためには
目標を設定するのが良いです。

毎月いくら貯金していくのか、
1年間でいくら貯金したいかなど
目標を決めるとその目標に向かって行動することができます。

それと、貯金が貯まったら何がしたいか、何を買うかを
リスト化するのもおすすめです。
頑張って節約しよう!という気持ちになれます。

実践していた節約術


さっそく、私がしていた節約術をご紹介します。

エアコンをつけない

一人暮らし初期のころで、本当にお金がなかった時は
電気代節約のために、エアコンはつけてませんでした。

冬は、寒くなったら毛布をかぶったり、
ベッドの中にもぐったりしていました。
1、2月は部屋の中でも白い息が出てましたね。
冬は意外となんとかなります。

夏は、過酷でした。
寒いときは厚着して対策できたんですが、
暑いのはどうにもできませんよね。

扇風機は家に置いていたので
どうしても暑い時だけ扇風機をつけていました。

自炊する

節約術としては定番ですね。
スーパーやコンビニのお弁当を買うよりも
自炊した方が節約になります。
食費を減らしたいのであれば、自炊は必須です。

私は白米を主食にしていました。
野菜炒めや焼きそばなど安い食材でメインを作って、
食材の余りで味噌汁を作れば晩御飯は完成です。
朝ごはんは白米と味噌汁を食べていました。

会社にお弁当を持参しても良いなら持っていきましょう!

お弁当を持っていくと他の社員の方から
「お弁当作ってるのえらいね!」と褒めてくれるのでおすすめです。

平日は仕事で疲れて何もしたくなかったので
土日にまとめてご飯を炊いたり、食材を買い込んでいました。

コンビニに行かない

一人暮らしの時は、コンビニには滅多に行きませんでした。
理由は、スーパーの方が安いからです。

買い物をするときは、絶対スーパー!
もしくはドンキホーテです。

ドンキホーテには激安商品やお米も安くで売っているので
よく利用していました。

コンビニとスーパーとで何十円しか変わらないんですが、
その何十円の節約を積み重ねることが大切です。

午前中は照明をつけない

電気代節約のため、午前中は照明を付けずに生活していました。

日の光で結構家が明るくなるので、
照明をつけなくても全く支障はなかったです。

電気使用料が多い電化製品では、2位が「照明」です。
照明の時間を減らせば電気代をかなり節約できるということです。

意外と照明をつけなくても気にならないので
一度やってみてほしいです。

天気が悪い日は暗いので照明をつけてくださいね。

服はユニクロ・GU

服はほぼユニクロとGUで買っていました。

ユニクロとGUって安いし着心地が良くて
節約したい人には本当にありがたいですよね!

会社用の服装もすべてユニクロで揃えていました。

シンプルなデザインで長く使えるので
服を毎シーズン買い換える必要もなくなります。

インスタグラムで「ユニクロコーデ」「GUコーデ」で
検索して参考にしていました。

交通手段は自転車


一人暮らしの時は、バス・電車をあまり使わないようにして
交通費を節約していました。

実家で使っていた自転車を持ってきました。

バスを使えば楽に行ける場所でも、交通費を節約したかったので
片道1時間かけてでも自転車で行ってました。

自転車は良い運動にもなります!

  • 有酸素運動になる
  • ダイエットに効果的
  • ストレス発散
  • 下半身に筋力がつく

隣の駅くらいなら自転車で行ける範囲なので
交通費の節約をしたい方はおすすめです。

財布に現金を入れない

財布には現金を入れないようにしていました。
入っていたのは基本小銭だけでした。
理由は、財布にお金があれば使ってしまうからです。

現金が必要になった時だけ、銀行に行ってお金を下ろすようにしていました。

そうすれば、必要最低限しか使わないので
余計な出費がなくなります。

できるだけクレジットカードで支払う

クレジットカードで支払うことのメリットがこちら。

  1. いくら使ったか確認できる
  2. ポイントが貯まる、使える

節約するには、何にいくら使っているか把握することが大事です。

クレジットカードは支払い履歴をネットで確認できます。
履歴を見て、どの出費を減らさないといけないかを考えて次に生かしていきます。

私はセゾンカードを使っていて、1,000円で1ポイント貯まります。
貯まったポイントでさまざまな商品と交換できます。
私は毎回お米5キロと交換して食費を節約していました。

ガス・電気・水道代すべてクレジット払いにすれば
ポイントがすぐに貯まりますよ。

まとめ:目標を決めて節約を楽しもう

一人暮らしにおすすめの節約術をご紹介しました。

節約生活は我慢することが多いです。
なので目標を決めてモチベーションを維持することが大事です。

辛い生活を乗り越えれば、貯金という夢を叶えられます。
ちょっとやそっとで挫けない精神を持つことができます。

今回ご紹介したことがお役に立てれば嬉しいです。

洗えるニトリの「防ダニ加工ラグ」年中使えておすすめ!ホットカーペット対応 今月、5年間使っていたラグを買い替えました。 ニトリで3,490円で販売している「防ダニ加工ラグ」グレーを買いました! ...