未分類

おすすめの転職エージェントは?求人数はどのサイトが多い?

転職するならどこのエージェント制度を利用するべき?

私は大学を卒業してから、5回も転職をしてきました。
4回目までは、エージェントに登録はせずリクナビ転職・マイナビ転職に登録して自力で求人を探して応募していました。

しかし、5回目の転職からは自力で転職活動をしても、書類選考で落とされ面接まで辿り着くことができませんでした。
そこで、転職支援サービスを利用することにしました。

リクルートエージェントを利用したおかげで、東証一部上場企業に就職することができました。
今回は、転職回数が多い私でも利用できた
リクルートエージェントについて紹介していきます。

  • 転職回数が多い
  • 面接対策・書類の添削を徹底したい
  • 初めての転職で不安

という方はぜひ参考にしてください。

【転職】面接で好印象を残す自己紹介とは?事務職向けにご紹介 面接ではまず最初に「自己紹介をお願いします」と 言われることがほとんどです。 面接は、面接官に興味を持ってもらうことが ...

リクルートエージェントとは

リクルートエージェントは、転職希望者と人材を募集している企業とを
ヒアリングした内容をもとにマッチングしてくれます。

転職エージェントは、採用を検討している企業から採用条件をヒアリングし、求人情報として保有しています。そして、サービスに申し込んだ転職希望者から転職の希望条件を聞き、条件に合う求人を紹介し、転職活動のサポートを行います。
転職希望者と採用企業を、転職エージェントが人の力によってマッチングしているのが、転職エージェントの仕組みです。

出典:リクルートエージェント公式サイト

面接の日程調整や内定辞退、年収の交渉までしてくれるので
エージェント制度を利用すると転職者にとって、時間と精神的な負担がかなり少なくなります。

登録方法は?

リクルートエージェントを利用できるまでの流れです。

利用までの流れ
  1. ネットで申し込む(個人情報入力)
  2. リクルートから面談日程の連絡が来る
  3. 面談で「転職の目標や希望条件」をヒアリングされる
  4. 利用スタート(求人の紹介)

注意点として、必ずエージェントを利用できるとは限りません。
求人状況によっては、サービスを受けれない場合があります。

とはいえ、転職経験5回&事務職を希望していた私でも利用できたので、
登録拒否されることは、ほぼ無いと思います。

おすすめ理由3つ

実際に利用した私が思う、おすすめの理由はこちらです。

  • 非公開求人が最大級
  • 転職の成功実績が豊富
  • サポートが充実している

詳しく見ていきましょう!

非公開求人が業界最大級

リクルートエージェントは、
非公開求人が業界最大級です。

非公開求人とは、

企業の事情で一般に公開できない求人のことです。リクルートエージェントが保持している求人は、90%が非公開求人です。特定の職種や業種に限らず、あらゆる分野の非公開求人をご用意しておりますので、転職先の可能性を広げられます。非公開求人は、転職支援サービスにお申し込みいただいた方にのみご紹介可能です。

出典:リクルートエージェント公式サイト

リクルートエージェントに登録した人にしか
見れない求人が豊富にあるということです。

転職は自分の希望に合った会社を見つけて応募数を増やすことがとても重要です。
求人数が多いことは、転職にはとても有利です。

転職の支援実績が豊富

実はエージェントを利用するとき、マイナビ、doda、パソナにも登録申請をしていました。
しかし、リクルート以外は登録すらさせてもらえませんでした。
理由は、「紹介できる求人がない」とのこと。

なぜリクルートは登録させてもらえたのか?

それは、転職支援の実績が豊富だからです。
過去に様々な転職者を成功に導いてきたからこそ、
私のような転職に不利な条件だらけでも登録できたのです。

実際に、東証一部上場の企業に就職できました。
感謝しかないです。

求人数と支援実績の豊富さはリクルートの最大の武器ですね。

サポートが充実

リクルートエージェントに登録すると、
優秀なキャリアアドバイザーが親身になってサポートしてくれます。

私がキャリアアドバイザーにサポートしてもらったのはこちら。

・自己PR/転職理由などの添削
・模擬面接
・転職セミナー

添削依頼のメールは、2日以内には必ず返信をくれました。
どこをどう修正するか・この部分は必要ない等、
細かく添削してくれました。

面接前日には、電話で模擬面接をお願いしていました。
企業によって求める人材が変わってくるので、
その都度、自己PRと自己紹介を微修正してもらったり、
話し方や話すスピードに問題はないかをチェックしてもらいました。

転職セミナーは、キャリアアドバイザーから勧められて参加しました。
セミナーでは、採用されるための自分の見せ方や面接対策を学べました。
無料でリクルートのセミナーに参加できるのは嬉しいですよね。

これらのサポートのおかげで、自信を持って面接に挑むことができました!

リクルートエージェントを最大限活用するには?

リクルートには登録している転職者(ライバル)がたくさんいます。
ライバルと差を広げるためにはリクルートエージェントを最大限活用しなければいけません。

何をすれば良いのか?
実際に私が行ったことをご紹介します。

本音で相談する

一番大事なことです。

希望条件や転職の目標は
本音で話をしてください。

サポートを受けていて、なかなか就職が決まらないときに、
キャリアアドバイザーから希望条件を
下げた方がいいと提案される場合が多いです。

しかし、ここで諦めて希望を下げないで欲しいです。
私の場合は、
「正社員採用だけでなく契約社員採用も視野に入れてみては?」という提案をされました。

キャリアアドバイザーの提案に従って、それで就職できたとしても満足のいく転職活動だったと言えるでしょうか?

私は自分の気持ちを正直に伝え、引き続き同条件で求人を紹介してもらうようお願いしました。
その結果、キャリイアドバイザーの方も私の心情を理解してくださり、今まで通り希望に合う求人を紹介してくれました。

キャリアアドバイザーの方は、
転職者とちゃんと向き合ってくれます。

必ず本音で真剣に相談をしてください。

自分から連絡を取る

サポートしてくれるからといって、
甘えてはいけません。

こちらから何もしなければ、自動的に求人が送られてくるだけです。

必ず自分から行動しましょう!

自己PRの添削や面接対策の他にも転職に関する悩みや不安なことがあれば
恥ずかしがらずに何でも相談しましょう。

ちなみに私は
「転職回数5回以上でも就職できた人はいますか?」という質問をしました。
素朴な疑問でも真摯に答えてくれました。

まとめ:転職するならリクルートに登録!

私が思うリクルートエージェントのおすすめポイントを紹介しました。
まとめるとこんな感じです。

おすすめポイント

・求人数が業界1位
・真摯に向き合ってくれる
・添削や面接対策のサポートが手厚い
・転職回数が多くても利用できる可能性が高い

転職するなら、エージェント制度を利用した方が絶対にいいです!

そのなかでも、転職回数が多くて悩んでいる方
ぜひリクルートエージェントを利用して転職を成功させましょう。