暮らし

【歯周病予防】症状や原因は?おすすめの歯磨き粉などご紹介!

歯周病を予防したいけど、何をすればいいの?

歯周病は成人の約80%がかかっていると言われています。

虫歯がない人でも歯周病になっている可能性があります。

歯周病が進行すると、歯が抜け落ちるだけではなく、全身にも影響が出る恐れがあります。
歯周病を予防するには、定期的に歯医者に行くことと歯周病を予防する習慣をつけることが大切です。

この記事では、

  • 歯周病について知りたい
  • 歯周病を予防したい
  • 歯を健康に保ちたい

という人のために歯医者の先生に直接教えてもらった『歯周病の予防におすすめアイテム』をご紹介します。

歯周病とは

歯周病を簡単に言うと、『細菌によって炎症を引き起こし、歯を支える歯ぐきや骨(歯槽骨)が溶けていく病気』です。

歯周病のサイン 
  • 歯がぐらぐらする
  • 朝起きたら口の中がネバネバする
  • 歯磨きで出血する
  • 歯ぐきの赤みや腫れ
  • 口臭が気になる

歯周病は徐々に進行していく病気なので、
症状が軽い段階から治療や予防をすることが大切です。

もしかして歯周病かな?と不安に思う方は、
一度歯医者に診てもらいましょう。

歯周病になる原因は?

歯周病の主な原因は
『歯垢(プラーク)』という細菌です。

歯をきれいに磨けていないと、歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に歯垢が残ります。
残った歯垢が繁殖することで歯周病が起こります。

歯垢は強くうがいをした程度では落ちません。
歯垢を放置しているとやがて歯石へと変化します。

歯石は歯磨きでは取れないため、歯医者で取ってもらうしかありません。
歯垢や歯石が蓄積させると、歯周ポケットが深くなります。そうなると歯垢が溜まりやすくなり、歯周病がどんどん進行していきます。

歯を強く磨きすぎることも、歯ぐきが傷つき
歯周病が進行しやすくなります。

歯医者に教えてもらったおすすめアイテム

歯周病を予防するアイテムをご紹介します。

私は歯医者から「歯周病になりやすい」「歯ぐきが下がりぎみ」と言われました。
今回紹介することを続けた結果、歯ぐきの下がりが回復し、歯科助手さんに褒められました。

是非チェックしてほしいです!

フッ素配合の歯磨き粉が良い?

歯磨き粉はフッ素を配合しているものを選びましょう。

パッケージに記載があります。

フッ素は、歯をコーティングして丈夫に保ってくれて、歯垢を除去してくれる働きがあります。
虫歯予防にもなります。

我が家ではずっと、第一三共ヘルスケアさんの「クリーンデンタルSしみないケア」を使用しています。
6歳未満のお子さんが居る方は、フッ素配合の歯磨き粉には注意が必要です。

6歳未満は500ppmを使用して下さい 

子供が高濃度フッ素を飲み込みと「フッ素症」になる可能性があります。
6歳未満のお子さんには500ppmが推奨されています。

糸ようじで磨き残しをゼロに

きれいに歯磨きをしたと思っていても、歯垢が残っている場合が多いです。それは普通の歯ブラシでは歯と歯の間には届かないからです。

原因となる歯垢を残さないために、歯磨きの後に糸ようじ(もしくは歯間ブラシ)を使用しましょう。

頻度は、毎日1回(夜歯を磨いた後)
最低でも週1回は使用するように心がけて下さい。

私はめんどくさくて糸ようじをサボっていました。
検診で歯医者に行った時、サボっていたのがバレて歯科助手さんに結構本気で怒られました。
(怒られてからはちゃんとしました)
それほど、歯周病の予防には糸ようじが大切ということです。

磨きすぎを防止できるハブラシ

歯を綺麗にしたいあまりに、力を入れて歯を磨いていませんか?
力強く磨くと、歯ぐきが傷ついて歯周病のリスクを高めてしまいます。

LIONさんの『クリニカNEXT STAGEハブラシ』は
力を入れすぎたら”カチッ”と音で知らせてくれます。

最初使ったときは、何回もカチカチ音が鳴り、強く磨いてる意識はなかったので、びっくりしました。
このハブラシを使うと適切な力で磨けるので
歯ぐきを傷つける心配はなくなります。

歯周病予防のハブラシの選び方 
  • 隅々まで行き届くようにヘッドが小さめのもの
  • 毛先が細いもの
  • 毛先が硬すぎないもの

まとめ:歯周病を予防して歯を守ろう!

歯周病を予防するためのおすすめアイテムをご紹介しました。
歯周病かな?と思ったらまずは歯医者に診てもらって下さい。

そして歯周病を進行させないために、
今回ご紹介したアイテムを使って予防していきましょう。
どのアイテムもスーパーや薬局で手に入りますので
みなさんも今日から歯周病予防をしましょう!